賢く活用!医薬品の個人輸入代行ランキング

正規品保証で安心!薬の個人輸入業者なび

医薬品の個人輸入代行・オススメ業者BEST4

医薬品の個人輸入代行・オススメ業者をチェック!効果が高く評判になっている海外の医薬品を、通販感覚で購入できるのが薬の個人輸入代行です。

海外の医薬品は、個人で購入して自分で使う範囲なら輸入が許可されています。購入の際に、輸入に関する難しい手続きを代行してくれるのが個人輸入代行業者の存在。

でも、海外の商品を購入するとなると「ちゃんと商品が届くの?「メーカー正規品の本物が届くの?」といった不安を感じると思います。そこで、トラブルが起きにくい信頼できる業者を集めてみました

まずは、今回リサーチしたなかでも特に注目したい4サイトを選んで、ランキング形式で紹介します。ぜひチェックしてみてください。

1位/T.O.P(トップ)

総合オススメ度

医薬品の個人輸入代行・TOPのサイト画像

T.O.Pをもっと詳しく≫

こんな薬を買いたい人にオススメ ・ダイエット薬
・ホルモン剤
・性感染症治療薬(抗生物質)
・ピル、避妊薬
・抗不安薬
・育毛、薄毛対策薬
サイトの特徴 ・正規品保証
・送料無料
・コンビニ後払いが可能
・日本語電話サポートあり
・会員登録で500ポイントもらえる
・会員ランクシステムによるポイントサービス
・週末ポイントアップ、新商品割引セールなどを開催
・安心梱包(郵便局留めも可能)
・荷物追跡ができる
 

2位/オオサカ堂

総合オススメ度

医薬品の個人輸入代行・オオサカ堂のサイト画像

オオサカ堂をもっと詳しく≫

こんな薬を買いたい人にオススメ ・育毛剤
・男性機能向上薬
・ダイエット薬
・抗アレルギー薬
サイトの特徴 ・正規品保証
・送料無料
・まとめ買い割引サービス
・会員登録で200ポイントもらえる
・全体的に価格が安い
・安心梱包
 

3位/アイドラッグマート

総合オススメ度

医薬品の個人輸入代行・アイドラッグマートのサイト画像

アイドラッグマートをもっと詳しく≫

こんな薬を買いたい人にオススメ ・性感染症治療薬
・育毛、薄毛対策
・ダイエット薬
・ホルモン剤
・美肌薬(シワ・しみ・たるみ改善等)
・利尿剤
サイトの特徴 ・正規品保証
・送料無料
・コンビニ支払いができる(後払いも可能)
・先払いなら10%オフ
・安心梱包・郵便局留めOK
・定期的にセールやプレゼントキャンペーンを開催
 

4位/くすりの宅配便

総合オススメ度

医薬品の個人輸入代行・くすりの宅配便のサイト画像

くすりの宅配便をもっと詳しく≫

こんな薬を買いたい人にオススメ ・ED治療薬
・早漏改善薬
・ピル、避妊薬
サイトの特徴 ・品質保証
・購入金額に応じたポイント還元
・定期的なイベント・セールを開催
・荷物追跡が可能
 

薬の個人輸入のメリット

薬の個人輸入は非常に魅力的ではありますが、メリットとデメリットについてチェックしてみましょう。まずはメリットについてご紹介します。

医師の診察を受けることなく薬が買える

一般的に病院で薬をもらおうと思った場合、医師に病状を診察してもらわなければなりません。そのため、仕事が忙しくてなかなか時間の都合がつかない方などからすれば、病院に行くのを手間に感じてしまうこともあるでしょう。

しかし、個人輸入であればインターネットを通して自分で薬を注文することができます。

日本で取り扱っていない薬が手に入る

日本のドラッグストアや薬局で販売されている薬はたくさんありますが、薬の中にはまだ日本では発売されていないようなものもあります。個人輸入であればそういった薬も手に入りやすいのが大きなメリットです。

薬の中には海外では高い評価がされているものの、日本では取り扱っていないものもありますよね。そういったものも、いち早く手に入れられるので、自分や家族の病気に効果的とされている薬を個人輸入する方も多いです。

円高だと料金が安くなる

海外から商品を購入するということは、円高が狙い目ということでもあります。円高の時にうまく目的の薬を購入できれば通常時期よりもかなり安くなるでしょう。

薬の個人輸入のデメリット

続いてデメリットについてご紹介します。実際に個人輸入を検討している方は必ずこちらも確認しておきましょう。

飲み合わせに問題があっても気づきにくい

そもそも、なぜ薬は医師の診察を受けてからでなければ処方してもらえないのかというと、適当に使用すると命の危険性が考えられる薬もあるからです。例えば、飲み合わせの問題等もありますよね。

自分が飲んでいる薬、飲もうと思っている薬の中には組み合わせて飲んではいけないものもあるかもしれません。医師の診察を受けて処方してもらえれば、こういった間違いをすることはほとんどありません。しかし、個人輸入で薬の購入を行った場合、わかりにくいという点がデメリットです。

思わぬ副作用や効果が出ることがある

そもそも海外で作られた薬というのは、海外に住んでいる方、暮らしている方を対象としている可能性が高いです。その薬の効果や安全性についても現地の方で治験などを行い、研究しているものばかりです。

そういった薬の中には日本人の体質と相性が悪く、思わぬ副作用や効果が出るものもあります。

説明書がわかりにくい

英語などが得意な方であれば問題ないかもしれませんが、海外で作られた薬は日本語が掲載されていないため、自分で調べなければなりません。いつどのタイミングでどれくらい飲むのかさえわからないということになると大変ですよね。

自己責任になる

病院で医師に処方してもらった薬とは違い、個人輸入した薬は全面的に自己責任で服用することになります。何かトラブルが発生したときに誰かに責任を問えないので、このあたりはデメリットだといえるでしょう。

輸入に関するデメリットを抑えるためには?

完璧に個人輸入をするのではなく、輸入代行会社を通してやりとりするのがポイントです。特に英語や外国語がわからない方の場合、すべて自分で行うのは非常に難しいことなので、信頼できる輸入代行業者を選択しましょう。

輸入代行業者を通して薬の購入を行えば何かトラブルがあった時にもサポートしてもらいやすいだけでなく、セールの情報などもチェックできます。自分1人だけで個人輸入を行おうと思った場合、トラブルが起きた際に相談できる人が限られてきますよね。下手をすると料金だけをだまし取られ、大損することになるかもしれません。

間に専門の業者に入ってもらえればこういったリスクも低くなります。

 

当サイトの内容について

今回調べた薬の個人輸入代行業者は、どこも安心で信頼のできるところばかりです。ただ、私が独自にリサーチした情報をまとめたものですので、気になるサイトがありましたら直接業者に問い合わせをしてみてください。