賢く活用!医薬品の個人輸入代行ランキング

正規品保証で安心!薬の個人輸入業者なび

薬の個人輸入代行業者えらび3箇条

薬は、ドラッグストアを利用してもどうしても高くなってしまいますよね。そこで、登場するのが個人輸入代行サービスです。このサービスを利用することで、通常購入する価格よりも安く取り寄せることが出来ます。しかし、リスクもつきものです。そこで、薬の個人輸入代行サービスを申し込む上で、代行業者を選ぶ際にチェックしたいポイントをまとめました。

【薬の個人輸入代行】業者選びでチェックしたい3つのポイント

【薬の個人輸入代行】業者選びでチェックしたい3つのポイント海外の薬でも、国内で購入するものと同じ効果を発揮するものがあります。しかも、安いのでお財布には優しいですよね。海外の薬を取り寄せるには、個人輸入代行を依頼するのがオススメです。いまは通販と同じ感覚で購入することができます。

でも、慣れた人はもちろん、どの業者を選べば安全に購入することができるのかわかりますが、はじめて個人輸入代行を利用する人は業者選びに迷ってしまいますよね。迷ってしまうのは、次のような理由があるためです。

迷ってしまう理由

1.輸入代行業者は、あくまで注文代行業務

薬の個人輸入代行は、あくまで業者が個人に代わって注文を代行サービスするものであって、輸入した商品を保証してくれるということではありません。そのため、実際の商品が本当に注文していたものと同じなのか?という疑問が残ります。実際問題、注文した薬が違っていた問題が発生することもあります。

2.場合によっては届かないことも

輸入代行で気をつけなければならないのが、輸入した医薬品が関税でストップをかけられる可能性があります。商品を注文したのに、荷物がストップされてしまった場合、かえって高くついてしまうこともあります。このような事態を避けるためにも、確実に商品を届けてくれる業者を選ぶようにしたいですよね。

3.基本的にキャンセルは出来ない

通常、通販であればPL法やクーリングオフが活用することが出来るため、注文した後やはりこの商品を返品したいと思った時に返品することができます。しかし、薬の個人輸入代行サービスは通信販売ではないので、このような制度を利用することができません。注文したということは、返品出来ないことに同意した上で商品を注文している。ということになるので、注文する側も返品がないように気をつけるためです。

4.違法業者が多い

慎重になるのが、違法業者が多いのが最大の原因です。代行業者の中には、優良業者のようなフリをして詐欺に近い行為をしている業者もあります。このような違法業者に注文を依頼すると、商品は届かない。キャンセルしても返金してこない。といったデメリットがあります。違法業者が多いため、騙されないよう慎重になる人が、利用する人の中にもたくさんいます。実際、代行業者で苦い思いをした人も少なくありません。

このような理由があることと、ほとんどが海外の業者ということもあり、不安になってしまうこともあると思います。それでは業者を選ぶためには、どのようなことに気をつけて注文をすれば良いのでしょうか。そこで、業者を選ぶために「ここだけはチェック!」という3つのポイントをまとめてみました。これから初めて薬の個人輸入代行を利用する人は、是非このチェック項目を参考にして、業者選びをしてください。

(1)支払方法をチェック!

医薬品の個人輸入は支払方法をチェック!

輸入業者選びの際、まずは代金の支払い方法をチェックしてみましょう。支払方法をチェックするだけで安心出来る業者がそうでない業者であるかをある程度把握することができます。

通常の先払いだけでなく、商品が届いてからの後払いが可能なサイトのほうが、安心して買い物ができます。便利に利用できるコンビニ払いも必須でしょう。クレジットカード支払が選択できる業者は多いのですが、どのカード会社が利用できるかは業者によって異なります。クレジットカードでの支払を検討している場合は自分の所有しているカードで支払可能かチェックしておきましょう。 多くの業者が、VISA、MasterCardといった海外でも大手のクレジットカード会社が比較的多いと言えます。

また、クレジットカードでの支払が可能な業者だったとしても一括払いにしか対応していないところが多いです。ただ、クレジットカードの中には一括払いで支払の申し込みをし、後から分割に変更できるものもあるので、そういったものを利用する方法もあるでしょう。 注意しておかなければならないのが、個人輸入の場合は海外から発送をされてくる形になるため、着払いは選択できません。この点は気を付けておいてくださいね。

銀行振り込みを選択する場合、実際に確認が取れるまでにしばらくかかることもあります。海外からの個人輸入は国内で薬を手に入れるのに比べてどうしても時間がかかってしまいますが、銀行振り込みを選択する場合には更に時間がかかることを理解しておかなければなりません。 個人輸入業者の中には振り込みが完了したら、それをメールや専用フォームから連絡しなければならないところもあります。そういった業者を選択した場合、発送や到着までにさらに長い時間がかかることがあるので理解しておきましょう。
輸入代行業者でよく困ってしまうのが、領収書の発行です。通常であれば、領収書を発行する際、商品代金+送料を含めた金額を記載してもらえるのですが、注文代行業務にあたるので、送料のみしか記載されないことがあります。しかし、業者によっては対応をしてくれる業者もあるので、領収書を発行してもらいたい時は、注文時に確認すると良いでしょう。

しかし、どうしても場合によっては返品・返金してもらいたい時も発生します。このような時はどうすれば良いのでしょうか。このような事態になった場合、早急に業者に連絡し、その旨を伝えることです。全ての業者が対応してくれるわけではありませんが、優良業者の場合は対応方法を提示してもらえることが多いです。ただし、クレジット決済で注文をしていると、注文時に料金が引き落とされているので、場合によってはキャンセル出来ないこともあります。悪徳業者になると、一切対応しないことがあります。注文時にそのようなトラブルになりそうなことは全て購入者の責任にする規定を書類に同意してから注文するところもあるので、必ず業者の細かい情報をチェックした上で支払方法を検討しましょう。

支払いは後払いが確実

このような支払のポイントをチェックしていくと、もっとも安全に利用出来るのは後払いです。優良業者の多くは、後払いが出来るところが多いので、このような点をチェックするのも良いでしょう。また、ここ最近では、ビットキャッシュといった電子マネーで支払い方法が選択出来る輸入代行業者もあります。料金を支払ったのに商品が届かない。という事態を避けるような支払い方法を選択しましょう。また、優良業者は、支払い方法多岐にわたるので、業者選びの基準にもなります。

それから、先ほども少し触れたように個人輸入で購入したものはクーリングオフの対象にはならないのでこの点も気を付ける必要があります。

(2)ポイント・割引サービスをチェック!

医薬品の個人輸入はポイント・割引サービスをチェック

同じ薬を買うなら、ポイント制度や割引サービスがあるほうがオトクなのは言うまでもありません。業者によっては、週末ポイントサービスを設けています。同じ薬を飲み続けるなら、ポイントが多い時にまとめ買いをするほうがオトクですよね。

また、新商品の割引や先払い割引など、値段のサービスもしています。薬の販売価格だけでなく、ポイントや割引もチェックしましょう。それと、送料無料のサイトならなお安くなります。こちらもチェックしておきたいですね。気を付けなければならないのが、送料無料などのサービスを取り入れている販売業者の中には、その分の料金を薬代として加算しているところがあります。とにかく送料無料のところを…と探してしまうと結果的に損をするケースもあるので注意しておいてくださいね。

それから、もう1点気を付けておかなければならないこととして、個人輸入業者は主に手数料で利益を上げていることを理解しておきましょう。例えば、現地で5,000円で手に入れた薬を5,000円で売ったとしても利益にはなりませんよね。 そのため、個人輸入で商品を購入すると業者の利益分として手数料が取られます。それなのに手数料無料をうたっている業者は注意しておかなければなりません。手数料は利益に結びつくことを考えると、初回のみ手数料無料といったところも気をつける必要があるでしょう。 中には手数料を無料にしたり、割引している分、送料に上乗せしてわからなくしているところもあるようです。

また、サービスをチェックする際には本当に信頼できる業者なのか?について調べることが欠かせません。そのためには、問い合わせ先がしっかり明記されているのか確認しておく必要があるでしょう。 電話やメールでの問い合わせ先が書かれていない業者は避けておいたほうが無難です。万が一トラブルが起きたり、わからないことが発生した時にサポートしてもらえない可能性が高いでしょう。

購入自体は問題なく行われたとしても、届いた商品が違っていた!などのトラブルにも対応してもらえないリスクがあります。 ユーザーサポートがしっかりしているか確認するためには、実際に問い合わせをしてみるのがおすすめです。問い合わせ先のメールアドレスにメールを送り、どれくらいで返信が来るのか確認しておきましょう。

中には返信が来るまでにかなりの時間を要するところもあります。個人輸入ではどのようなトラブルが発生するかわからないので、最低でも2~3日中に返信がもらえない個人輸入代行業者は少し心配ですね。

(3)正規品保証をチェック!

医薬品の個人輸入は正規品保証をチェック

海外サイトで心配なのは、本物のメーカー品が届くかどうかという点。偽物が届く不安はぬぐいきれないですよね。

そこでチェックしたいのが正規品保証。メーカー正規品だけを取り扱っているという保証があるサイトなら、安心して買い物ができます。逆に、これがない業者はできれば避けたいものです。正規品を取り扱っている業者であれば、ホームページのどこかに必ず正規品保証について掲載されています。

海外の薬ということもあり、ただホームページ上に掲載されている商品を見るだけではそれが本物なのかどうかということかわかりませんよね。 正規品かどうかについて一切書かれていない業者は当然のように偽物を販売している可能性もあるので気をつけなければなりません。

正規品保証かどうかを、どのようにして見分ければ良いのでしょうか。ここで、見分けるために大切な3つのポイントをご紹介しましょう。

1.商品画像の有無

一番わかりやすいのが、商品画像の有無です。一番アウトなのが、錠剤、薬品等を直接撮影している場合です。優良業者の場合、パッケージも含めてどのような商品なのか。ということがわかる画像を掲載しています。一方、悪徳業者や違法業者の場合は、錠剤だけの画像で「〇〇に効果!」のようなことしか書かれていません。商品画像を見て、怪しいと感じたら注文するべきではありません。

2.情報の明記

優良業者は、薬の出どころをはっきりと記載しています。原産国、製造元、発送元がしっかり記載されているので、正規のものであることがよくわかります。このような記載がなく、海外で話題。アメリカ製といった情報しか書かれていない場合は、怪しい商品の可能性があるので気をつけましょう。

3.あいまいな表現をしている

「ダイエット薬」「やせ薬」「髪に良い」といった曖昧な表記の薬は避けるようにしましょう。正規品ではない商品の可能性があります。特に、男性・女性特有の悩みを解消する薬には、このような曖昧な表記をしてホームページ上に記載されていることもあるので、注意が必要です。

簡単な見分け方

以上の3つのことを守れば、良い業者を利用出来る可能性が高くなりますが、改めてそれ以外でも見分けるポイントを簡単にチェックしておきましょう。

1.複数サイトを経営している

個人の輸入代行業者の中には、ジャンルを絞って複数のホームページを運営しているところもあります。ホームページにアクセスしたら、運営会社はどこなのか。そして、この業界でのキャリアはどれくらいか?ということに注目をして、ホームページチェックをするのも良いでしょう。優良の業者であれば、複数のホームページを運営していることがあるので、安心です。

2.あえてネガティブワードで検索

業者の見分け方で大事になるのが、口コミや利用者の情報です。ここで、ポイントとなるのが、ネガティブワードで口コミを探すということです。他のサービスであれば良いところを中心に探すと思いますが、ネガティブワードで検索することで、過去にどのようなトラブルがあったのかということを見つけることが出来ます。また、悪徳業者であれば、トラブル事例がたくさん出て来るので探してみる価値はあります。

3.ホームページのわかりやすさ

ホームページのレイアウトもチェックしておきましょう。悪徳業者のホームページは、説明が不足していてわかりにくいページになっています。一方で優良業者はわかりやすくなっているので、1つの判断基準になります。

今回あげたポイントに気をつけて、業者を選ぶことをお勧めします。

3つの条件をクリアした個人輸入代行とは