賢く活用!医薬品の個人輸入代行ランキング

正規品保証で安心!薬の個人輸入業者なび

ホルモン剤

プレマリンやエストロモンなど、個人輸入で通販感覚で買えるホルモン剤を調べました。医薬品を一覧にして特徴と参考価格を掲載しています。

個人輸入なら通販感覚で手軽に買える女性ホルモン剤

通販感覚で手軽に買える、女性ホルモン剤主に女性のからだを整えるのに使われる女性ホルモン剤

女性ホルモンは、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の2種類があります。前者は自律神経を整え、ほかのホルモンの分泌をつかさどります。女性らしい体をつくる役割も担います。後者は、基礎代謝を挙げたり、妊娠後の子宮や胎盤の安定をつかさどります。

更年期障害や、黄体ホルモンの不足による不妊症の治療には、この女性ホルモン剤が使われます。ここでは、海外でよく使われる注目のホルモン剤を紹介します。

プレマリン

卵胞ホルモンを補う薬です。更年期障害の治療に使われます。膣炎や子宮出欠、卵巣欠落症状、卵巣機能不全症などにも効果があると言われます。

  • 参考価格:56錠入り¥5,000

エストロモン

プレマリンのジェネリックとして人気の高い医薬品です。プレマリンの半額以下の価格なので、非常に人気があります。

  • 参考価格:100錠入り¥3,900

デュファストン

産婦人科で処方される、黄体ホルモン剤です。合成ホルモン剤ですが、天然の黄体ホルモンと同じ働きをします。

生理のリズムを整えたり、不妊症の治療に使われます。妊娠中の安定のために使われることもあります。

  • 参考価格:20錠入り¥2.900

プリモルト

こちらも黄体ホルモンを補う医薬品です。生理周期を変更するのに使われます。また、無月経や生理不順の治療にも用います。

  • 参考価格:50錠入り¥3,600

エストロジェル

ジェルタイプの、塗るホルモン剤。女性ホルモンが減少することによる、からだや心への影響を抑えるのに使われます。血中の女性ホルモン量を維持することで、症状を和らげることができます。

  • 参考価格:1本¥2,600